2019御歳暮 喜ばれる品物を選ぶポイント5つ

こんにちは!いせ弥です。
日に日に年末感が感じられる時期になってきました。いろんな用事が抜けがないようにと気もそぞろになってきますね。

そんな時期、悩みの一つとなるのが「御歳暮」。
なにを送るのがいいのか、喜んでもらえるのかがとっても気になります。
そんなお悩みにお答えしていきましょう。

【御歳暮とは】

御歳暮とは日頃お世話になっている方への年末の贈りもの。
お歳暮の習慣はだんだんすくなくなってきているものの、日頃のお礼の気持ちを伝える機会としてお歳暮を贈るのがちょうど良いでしょう。
また、社会に出て間もない人ならともかく、ある程度の社会的責任を持つ年齢や肩書になれば、お歳暮を贈る品格をもってなければならないところ。
はじめてのお歳暮、ぜひチャレンジしてください。

さて、そのお歳暮にいせ弥の奈良漬は最高のセレクション。
その理由をご紹介します。

1.日持ちがする。

今やお歳暮はほとんど宅配便で送るもの。ところが相手先がその日に在宅であるとは限りません。また受け取った後も食べる日を選びたいこともあります。
そのため、お歳暮には生鮮品よりも常温で保存のきくものが喜ばれるのです。
その点、奈良漬は常温で数か月の保存がききます。

2.貫禄がある。

贈り物をもらったとき気にせずにいられないのはその価格。
良いものでもその値打ちが伝わらないとせっかくの贈り物が台無しです。
そのため、贈り物には一定の貫禄、知名度が求められます。
その点、奈良漬は奈良を代表する伝統食。そのルーツは1300年前に宮廷に献上された瓜の濁酒漬けに始まります。
手に取るとズッシリと重さがあり、しっかりと気持ちが伝わることでしょう。

3.運送に強い

お歳暮の季節、宅配便は大わらわ。そのためどうしても割れ物の破損事故が避けきれません。金銭面では保険がきいても、残念な気持ちになるほか事後処理に時間や手間がかかったり、何よりもタイムリーに贈り物を届けられなかったりします。
その点、奈良漬は割れたりつぶれたりすることがなく、しっかりとお届けできますので安心!運送に強い分、送料もお安めにしていますよ。

4.心に残る

便利な世の中になり、自分で欲しい、と思ったものはボタン一つで翌日に届くようになりました。逆に、贈り物で手に入ったものが思いもよらず良いものだったり、珍しいものだったりすると心に残るうれしいギフトになります。
奈良漬は自分で買うことが少ないので、贈り物には最適ですね。

5.美しいのし紙

いせ弥ではのし紙を書道有段者が書いています。
貫禄ある品物に風格をそなえたのし紙で贈る気持ちをサポートいたします。

贈り物というのはいろんなことを考えねばならないので悩ましくもありますが、そのぶん、相手先に気持ちがつたわるものです。
いせ弥では様々な商品ラインナップと揃えております。
安心してじっくりお選びください。