災害の中でこそ、心通わせたい。 – いせ弥通信

こんにちは!奈良漬のいせ弥です。

「秋の日は釣瓶落とし」のことわざの通り、急に日が暮れるのが早くなってきましたね。 あんなに暑かった気温も夕方にはすっかり涼しげな風に変わり、寒いと感じる夜もあるほど。
うっかり風邪をひかないように気をつかなければなりません。

それにしても今年は自然災害の多い年。
強烈な猛暑、西に向かったり超大型だったりする台風、そして今朝は北海道で大地震です。 当店も早めの判断や安全策を心がけています。
被災された方には本当にお見舞い申し上げます。

さて、先日は お客様から心温まる手紙を頂戴しました。

先々月、愛媛県で大規模な台風被害があったあと、愛媛県の避難所でご親戚が暮らしているというお客様が当店の奈良漬をお見舞いに持っていきたいとのことでご来店されました。
常温で日持ちもするし、普段の味と違うので気分も変わっていいのでは、と考えたからです。

そこで、そのお客様にはいくらかのお値引きに加え、当店からもお見舞いのひと言メモときざみ奈良漬をひとつお渡しさせていただきました。
お手紙は、その御礼のお手紙だったのです。

お手紙には「奈良漬の味を一生忘れない」と、わずかな品物に対して申し訳ないほどの大変なお喜びが綴られておりました。



たしかに、避難所では災害で受けた心のダメージのなか日々の生活の不便に耐えねばなりません。
元の生活を取りもどすためにはさらに強い気持ちが必要です。
当店の奈良漬が多少なりとも励みになったなら、本当に良かった。

食べる人の笑顔、贈る人の気持ち、受け取った方の喜びに寄り添った接客や商品作りをこれからも取り組んでいきます。


オススメの商品はこちら!

【国産・無添加 Premium】 奈良漬 うり 140g